Bloggerに怨念しか感情がない。

f:id:sukuwara:20151213165345g:plain

 

Bloggerで記事書いたのに一切の内容が消え、自暴自棄になりつつある僕です。

はてなに変えたはいいけども、画像の中央揃えできないやつじゃん…

でもそれ以外は概ねいい感じ。

Bloggerからはてなへの移行、

wings.hatenablog.com

上記記事のおかげでスムーズにできました。

筆者さんとてもありがたいです。

 

ということで、もう長い記事を書くことはやめにしました。

長く書いて消えたりするのは本当に精神的に保たない…

 

 


【MV】あまのじゃくバッタ Short ver.[Team8] / AKB48[公式]

 

あまのじゃくバッタ…あまのじゃくバッタ…あまのじゃくバッタ…

 

 

 

 

 

自分は遠くから傍観するだけでいいです。 〜ヒャダインのガルポプ!夏休みスペシャル2015 紹介曲まとめ①〜



このシチュエーションでまいやんになりたいのか…
はたまた、みなみちゃんになりたいのか…
究極の問題。


ということで、
年に2回、ヒャダインさん冠番組のガルポプで
音楽ライターの南波一海さんとBaseballbear小出祐介さんがあつまり、
上半期(冬休みは下半期)のアイドル楽曲を総括する番組、
《ヒャダインのガルポプ!夏休みスペシャル》での紹介曲まとめてみました。



南波一海さん①
南波さんは今年の西武ドームでの乃木坂46ライブに触れ、

乃木坂46 『太陽ノック』初回限定盤A 特典DVD収録
秋元真夏&西野七瀬PV 『真夏の七瀬』






こいちゃんはこの曲からTeenage Fanclubを想起。
(自分としてはTFCは映画【ヤング=アダルト】のイメージしかないのです…)







Velvet Crushとも言っていました。
確かに。







小出さん紹介曲①
こいちゃんはベリ無期限休止ライブに触れ、
そこで聴き号泣したらしい舞波ラスト曲である

Berryz工房 Bye Bye またね

こいちゃんはベリラストライブにてこのBye Bye またね
前の席にいた舞波ちゃん越しに聴いたそうな。
なんてドラマ…







アンジュルム あやちょ・かにょんゲストコーナーにはさみまして〜
(かにょんの何時にましてのぶっちゃけ感がとても面白かったですが省略。)


恒例の南波さんコーナーへ。

1つ目はタワレコアイドルコンピ第二弾、Japan Idol File 2から

浦安マリンエンジェルスネオ With...pupae『楽しくバイセコー

音源見つけられず…

放置自転車目線の怪曲。



2つ目は
Hauptharmonie 『ボウ』








ハウプトさんはこの前1stアルバムの『Hauptharmonie』リリースしましたもんね。
『ボウ』もこのアルバム収録曲。

JIF2には『映ゆ』収録です。

ラジオではベルハーに通じる楽曲派系、
初期Especiaに通じるオシャレ感とも。


3つ目は
RYUTist 『それはまた別の日』
(RYUTistは西興部行けなかったことを思い出しました…)







RYUTistは1stアルバムRYUTist HOME LIVE』を先日リリース。
この曲ももちろん収録。

この『それはまた別の日』、作曲は永井ルイさん。
『乙女 パスタに感動』永井ルイさんですもん、そりゃあ、もう…







次にアイドルカヴァーコーナーへ

まず、アイドルネッサンス 『夏の決心』







アイルネ自信が歌詞のまま夏を経験しているように聞けるとこいちゃん。
そして改めて大江千里さんの凄さに言及。
カヴァー元の大江千里さんを。
(『YOU』のカヴァーも素晴らしいかったしね。)







次に、夢みるアドレセンス サマーヌード・アドレセンス』







カヴァー元の真心ブラザーズを。
あくまで『ENDLESS SUMMER NUDE』マッシュアップなんですね。
(サマーヌードではなく…)

毎年誰かしらがカヴァーするよねといいつつも、
それは名曲だからと。






(私もすごく好きなんですが、誰のサマーヌードも聴く度、少しこそばゆく
なるんですよね…)


後半はまた今度です。

夏のサンタプレゼントパークは全然サンタ感無いぞ‼︎ 〜旭川ライブジャムベルハー雑感〜


あいあいに睨まれながら買い物したい。

8月の頭は TIFへ参戦したわけですが、
実は私のTIFは2日で終わってはいなかった…

何故なら、BELLRING少女ハートが北海道さ来てたから。

8/8に旭川ライブジャム、9にDUCEで最終少女ひかさとツーマンということで
先週のTIFで体力・財力も使い切った私ではありましたが、
これは行くしかないと。
苫小牧から行くしかないと。


というわけで強行旭川→札幌ツアーへいざ行かん‼︎


午前中で仕事を切り上げ、個人的旭川ツアー参加してくれる同志と合流して旭川へ。
会場は旭川サンタプレゼントパーク。
来たのは小学生以来だし、夏に来たのは初。

着いたのは丁度15:00の豪華景品抽選会から。
まー何ともいい意味で地方感の緩さのある抽選会でしたから、
どんなもんなんでしょうねーとベルハーが来るまで様子見かという感じでした。

私が観たステージ一発目はEverZOne。
EverZOneのパフォも爽やかなのは去ることながら、
後に控えるベルハーのヲタちゃんたちのノリの良さが半端なかった。
ケチャから何から本来のエバゾの応援スタイルにあんのかってノリ方で
盛り上げるヲタちゃんたちといつもとは違う違和感を感じつつ、
異常な盛り上がりに笑顔のエバゾの面々。
ドルヲタ異文化交流を感じるひと時。


そして今回の最大の目的といってもよいであろうBELLRING少女ハートのステージと
なるわけです。

セトリは甘楽ちゃんブログによると

WIDE MIND
GIGABITE
夏のアッチェレランド
ボクらのwednesday
サーカス&恋愛相談
rainy dance
the edge of good bye
asthma

だったそうな。

開演前はベルハーヲタにMCのDJ龍太さんが『絶対柵昇んなよ』と
再三注意していましたが、
ステージの初っ端はステージと真逆の後方野原よりベルハーが登場。
ヲタの皆さんは皆一斉に駆け寄り、WIDE MIDEを踊る事態。

まー遠征組の皆さんの対応力たるや素晴らしいですが、
如何せんほぼベルハー初心者の私(直近で観たのは去年末のタワレコピヴォインストア
以来…)はついていくのが精一杯という感じ…

WIDE MINDのマイムマイムにGIGABITEの大縄といい、初めから踊れるし、
やってくれるであろうと期待していたアッチェレランドは夏の野外ばっちしで
もう3曲だけでお腹もいっぱい。

そんでもってボクらのWednesdayにサーカス&恋愛相談という
アルバムBedHead時代を地方在宅で過ごした私にとっては感慨深い2曲。

そしてrainy dance。
レイニーこそ新メンの3人は踊らないわけですが、
何だかステージから降りてくる子がいるわけです。

その子が甘楽ちゃんでした。
足を負傷しながら、ひたむきに口に水を含み、毒霧をし続ける少女。
その姿に胸を打たれた私はもう甘楽ちゃんに夢中。

その後はthe edge of goodbyeでのカイちゃんのパシャでは
居合わせた親子がリフトされるという素晴らしい展開に。
(そしてまたステージ後方の野原へヲタちゃん皆で駆け出した気が…)





そして最後に新曲のasthma。
もうこの辺になると正直反復横跳びしか覚えていないのですが、
アンナさんの真剣な顔での反復横跳びが大変美しかったです。


こんな感じでベルハーin旭川のステージは終わったわけですが、
周りの花火大会メインの地元民の皆さんからしたら、
ベルハーメンとヲタちゃん含めコイツら狂ってるのか…
と思われたに違いないですし、その後白い目で見られたのは事実。

けれどもなまら楽しかったのは本当だし、
無理して旭川へ来た甲斐がありあまるほどありました。


ベルハー後も、
SEAMOTRIPLANEに中野くんさんにととてもいいステージを
観ることができました。(日が暮れるにつれ、凍えるほど寒かったですが…)




そして最後は花火大会。

この花火に関してはベルハー抜きにしても観に来て良かったと思えるくらい、
史上最大に近距離で体験できた花火でした。
ベルハーちゃんはステージじゃなく、降りて一緒に見たいという
粋な計らいもあって、私はひっそり後ろから眺めていたわけですが、
ヲタさんの素晴らしいツイート通りに
ドラマかよと思えるほどに素晴らしい体験でしたよ。





と、私のTIF延長戦〜旭川ライブジャム編〜は終わりを迎えたのです。








が、実はステージ後物販があったわけで、
ちゃっかり甘楽ちゃんとチェキ撮らせていただきました。





そんでまー誰が渡したか分からんが、
綿あめ食べてる甘楽ちゃんが可愛いのなんの。
私も田舎に住んでるの〜が可愛いのなんの。
SEAMOで上がった花火を観る甘楽ちゃんが可愛いのなんの。
とにかく甘楽ちゃんが可愛いのなんの。

兎にも角にも甘楽ちゃんが可愛い旭川でした。












あーあの日に帰りたい。





拡張子じゃないTIFの話。


あいあいにボールをぶつけられる特典会はいくらでできるんですか。



毎日の雑務に追われ、日々疲弊していく昨今…
ようやく年に1度の祝祭が今年も開催される…

そう、TIFことTOKYO IDOL FESTIVAL!!!!

去年は月初の忙しい中お休みをいただき、会社で白い目で見られながら、
2日間を満喫することができました。
今年は果たしてお休みをいただけるのか…そもそも土曜日が休みなのか…
不安でいっぱいではありますが、
そんなことは置いておいて。

8月1日を迎える前に去年を振り返ってみてみようかしらと。

去年のTIF2014については途中までレヴューまがいのものをつらつらと
書いていましたが、1日目の半ばというなんとも情けないところで挫折。

なのでまた一から振り返るとなると挫折すること必至。

ということでクサレDD道民が去年通して参戦して感じたことを。


8月の東京ヤバい

異常気象が多い今日この頃。
危惧すべきは暑さ。
北海道に居住する人間には耐え切れ無い暑さが2日間容赦無く襲ってきます。
ましてSMILEGARDENSKYSTAGEHOTSTAGEマイナビステージ
FESTIVALSTAGE、そして特典会会場のGREETINGAREAとほぼ8割近くは
太陽の降り注ぐ野外ステージ…

天気が良いとすれば、アイドル観覧し放題の天国と灼熱の地獄を一挙に
体験できるとてもありがたいチャンスとなります。

ということで、日除けはもちろん、水分・栄養補給に気を使いながら
(テレコムセンター前のファミマくらいしか水分を確保できるところは無く、
自販機は売切が頻発…でまさに地獄…
ただファミマにはアイドルも買い出しに来るのに出会えるというチャンスも…)

なので適度に湾岸スタジオ内のENJOYSTADIUMDOLLFACTORYへ涼みに行くこと
をお勧めいたします。


タイトなスケジューリングは人を殺す。

会場は思っているよりも広大。
毎年毎年広くなっていく会場。
人気グループで起こる入場規制。
特典会ブースの煩雑な持ち物検査。

目当てアイドルが複数、いやむしろ沢山いるというksDDという人種にとっては
行く手を阻む壁があまりにも多すぎます。

ksDDには最長1kmを超える道のりを何度も何度も往復する
アスリート並みの運動量が求められますし、
また入場規制やステージの押し具合などを緻密に計算したプラン計画するという
時刻表並みの対応力が求められるのです。

そんなことはスーパーksDDな方しかできない芸当なので、
実際は観たいステージ・アイドルを涙を飲んで取捨選択していくしかありません。
そして選んだステージが選んで良かったと思えるようなものであれば万々歳なのですが、
Twitterなので後々泣く泣く捨てたステージが神ステージだったと好評だった時は
もう何も言えません…

私も去年のENJOYSTADIUMリリスクのステージを入場規制という壁により
目の前で逃しました…
といってもそのおかげでライムベリー→クルミクロニクル→るの☆あ〜るという
素晴らしいステージの流れを観ることができたのですから…‼︎

そんな中でこのTIFで一番凶悪にヲタに襲いかかってくる強敵は何と言っても、
エレベーターです。
爽やかな風と海を望める絶景でアイドルたちが歌い踊るTIFの中でも
屈指の神現場候補の一つであるSKYSTAGE
このSKYSTAGEに行く手立てはただ一つ、エレベーターのみ。
そのエレベーター、人数制限もあることながら、上に上がれる人数の制限もあるため、
上がるも下がるもすぐにはできない。

つまり、SKYSTAGEに行くこと=かなりの時間を犠牲にすることとなるのです。

一昨年のTIFで私は初めてリリスクをSKYSTAGEで目にし、
青空と「そりゃ夏だ!」のあまりの調和を体験し、すぐに虜になったわけですが、
去年のTIFでは時間のロスを恐れ、結局一度もSKYSTAGEには
上がることなく終わりました。
(後のSKYSTAGEのステージの様子を動画で観てとても悔しくありましたが…)

と、二兎を追う者は一兎をも得ずとはよく言ったもので、
あまりにタイトなスケジュールを組むと死の可能性すらあるということでした。




⒈⒉とくだらないことを書きましたが、
言いたいことは、
ksDDにとってTIFはまさに天国でありながら地獄なんだってこと。


あー楽しみですね。TIF。


私はあいあい推しです。 〜3/1 AKB48 Team8 旭川 雑感〜




あいあいのドヤ顔が地味にいい感じ。
とアンジュルムは今度北海道に来るとして…


3/1 AKB48 Team8 旭川ツアーに行ってまいりました‼︎

2/1のSKE48 TeamS 旭川公演以来、2月連続2度目の旭川!

SKE48も相当楽しかったのは確かですが…
Team8も楽しかった‼︎



ということで入場からの流れをざっくりと。

まずは入場。入場すると小袋にステッカーが。















茨城県代表の岡部麟ちゃんデザインだそうな。

その他にも等身大メンバーパネルが会場に展示。



全員分飾ってあったのですが、撮れたのは渚沙ちゃんとひじりんのみ。

しかしながら、皆さんの雪だるまメッセージは撮ることできました。
















山形県代表 
早坂つむぎちゃんのクレジット決済のようなサイン。



 



宮城県代表 
佐藤朱ちゃんの3枚という気合の入ったメッセージ。

















岩手県代表
佐藤七海ちゃんのメッセージはピント合ってなくて申し訳なく…

















鳥取県代表 
中野郁海ちゃんの語尾の「けん」が可愛いメッセージ。

















岡山県代表 
人見古都音ちゃんの瞳の絵が何ともイイメッセージ。

















福島県代表 
舞木香純ちゃんの雪だるまがオッサンなメッセージ。

















秋田県代表 
谷川聖ちゃんのデザイン性のあるメッセージ。















島根県代表 
阿部芽唯ちゃんのごっつ名前アピールメッセージ。















北海道代表 
坂口渚沙ちゃんのメッセージは自己紹介通り雪だるまの腕が磁石‼︎






愛媛県代表 
高岡薫ちゃんの何故かEHIMEがローマ字なメッセージ






青森県代表 
横山結衣ちゃんの14歳とは思えない字の上手さのメッセージ。


















香川県代表 
行天優莉奈ちゃんの初めての北海道なメッセージ。















山口県代表 
下尾みうちゃんの「みう」って呼びますよメッセージ。















徳島県代表 
濱松里緒菜ちゃんの下地が赤だと字が読みにくいのですメッセージ















広島県代表 
谷優里ちゃんのかくれ8が見つけられないメッセージ。


 


高知県代表 
廣瀬なつきちゃんの綺麗な北海道の形のメッセージ。


三者三様の雪だるまメッセージを開演前から楽しく過せましたし、
開演までは広島の優里ちゃんが会場内ラジオを行うという飽きさせない心配り。

さらにはグッズ販売をメンバーが手売りするという神対応
(秋田のひじりんが手売りしていたのを遠くから見ることはできたのですが、
あまりの混み具合に完全に並ぶ気も失せてしまったのは事実…)
自分は並ぶことなく席に着いたのですが、
岡山の古都音ちゃんがもし手売りしていたとすれば、
とんでもない後悔をしなければなりません。
(果たして古都音ちゃんは手売りをしていたのかしら…)


兎にも角にも開演まで割と時間を感じることなく待つことができたように思います。


と開演までで長々と画像だらけになってしまったので、開演後は次回に。








里琴ちゃんが劣化しなくて怖い。 ~2ショット写メ・アイスト編~


里琴ちゃんの劣化知らず加減半端ないな…

前回2ショ写メ部門について書きまして、
回数上位をEspeciaメンバーが占めていたわけですが、
2014年は色んなアイドルと2ショ写メを撮らせていただく機会があったわけで。

ちょこっと見ていきますね。



まずはアイスト部門
スパガからチキパ、GEMまで色々観ることできましたが、
特典会となるとアイスト生になってしまうんだよな。
(そもそもメジャーグループにはその機会さえなかったので…)

というわけでストリーーーーーーグ③関連を。
2014年は曲についてもかなりハマったアイスト生。
初めてストリーーーーーーグに2試合参加したわけです。

そこで撮った2ショは2枚。
我らが北海道のサッポロSnow♥Loveitsの小玉梨々華ちゃんと。


riri













札幌の末っ子こと梨々華ちゃん。
この2ショは完全に私と梨々華ちゃんとの縮尺がイカれてしまってますが、
グループ最年少感が上手く出ている梨々華ちゃん。
「りり、おこだよ!」とヲタに説教するあたりも最高。
このままこのキャラで行っていただきたいもの。

ルスツリゾートの「Be Happy!」が梨々華ちゃんの声だったのは衝撃でした。



そしてTOKYO TORiTSU これで委員会の横尾紗千ちゃんと。


sachi

TOこ員の新メンバーの紗千ちゃん。
ダンスや移動等、まだぎこちない動きながら目を奪われたのは確か。
ストリーーーーーーグの特典会システムに困惑しながら、
人混みをかき分け紗千ちゃんの列に行ったわけですが…
紗千ちゃんにパンチを見舞ってくれとお願いすると完全に引かれるという始末…
そんなことがあってもTOこ員の推しは紗千ちゃんですよ‼︎



さらに2014年はついに大阪DAIZY7の坂元葉月ちゃんと‼︎

ha-chin

大阪DAIZY7のはーちん。
スト生では正直最もルックスがドンピシャなはーちん。
しかしながら大阪ということもあり、北海道ではストリーーーーーーグでも
観ることできないな…と思っていました。
けれども‼︎
まさかのhanarichu×凛音ちゃんツーマンで観ることができるとは!
そんでまた2ショまで撮らせていただけるなんて…
実際のはーちんはこの世のものと思えない程天使でした。
今回のストリーーーーーーグは残念な結果でしたが、w-streetでは
大阪が一番曲がキテると思うので今年のストリーーーーーーグは必ずや
勝っていくに違いありませんな。

はーちんの塩対応なんてご褒美以外の何物でもないでしょ。そもそも塩対応ではないけど…

ということでアイスト部門でした〜。

あけましておめでと〜〜‼︎ 2shot写メ部門大賞



あけましておめでとーー‼︎
(由結ちゃんはこの先出てきません)

2015年を迎えまして今年のヲタ活のために
2014年個人的にアイドル大賞を決めましょうぜ‼︎
適当に挙げてきます。



2Shot写メ部門
2014年に撮って頂きましたアイドルは16名。
最多枚数はEspeciaの脇田もなりさんの6枚。
時系列は適当。

monari1
Viva Final 頑張るぞーのポーズ。

monari2
アッパーかましてくださいとお願いして。

monari3
殴られたのを慰めてくれてる体で。

monari4
お渡ししたシールと共に。

monari5
もなりさんとの初2ショ。

monari6
恐怖を感じながらパンチをお返し。


次いでEspeciaの森絵莉加さんの4枚でした。

erika1
絵莉加ちゃんから目潰し!

erika2
そんでもって絵莉加ちゃんからパンチ!

erika3
リュックとスカートがオレンジでお揃いねっていう。

erika4
お渡ししたシールと一緒に。



そして3位はEspeciaの冨永悠香さん、三ノ宮ちかさん、三瀬ちひろさんの
3名が同立で3枚でした。

冨永悠香さん。

haruka1
TIFのTポーズ。

haruka2
お渡ししたシールと共に。

haruka3
ビンタされました。ちゃんと表情作ってくれてます。


三ノ宮ちかさん。

chikabu1
ぴーすも、距離が近い…

chikabu2
パーカーの前ポケの中で握手という。

chikabu3
お渡ししたシールと。


三瀬ちひろさん。

mise1
ノリノリで殴ってもらう。

mise2
謎のぴーすぽーず。

mise3
皆さんにシールを渡せました。


Especiaはほぼ11、12月だけなのにも関わらずこの枚数…
大阪に住んでなくて良かったと切に思います…
ということで2shot写メ部門個人編は脇田もなりさん!
グループ編はEspeciaでした‼︎

枚数から分かるようにもなりさん推しの私ですが、
この絵莉加ちゃんの表情が最高だと思いまして。
ですので2ショ写メMVPは森絵莉加さんです‼︎

erika1

絵莉加ちゃんの最年少の末っ子感は最高だと思います。
℃-uteのまいまいやPASSPO☆のあんにゃにしろ、
自由さと脆さを持って、周りのメンバーに支えられているという構図が
最も萌える関係性のカタチだと思うんですよね。
最近ちょいと絵莉加ちゃんへ推し増ししそうな私でした。

というわけで2shot写メはEspecialの皆さんで占められた2014でした。


次回はその他の2ショを見てみたりするかも。