読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自殺。

久しぶりの更新になりましたねー

自殺。

タイトルから重いというか、
余り見たくない内容だと思います。

ただ、今回の話は
末井 昭さんのエッセイである『自殺』
の話です。

この本は先日タマフルの推薦図書特集でしまおまほさんが紹介されてた本であり、
手に取りました。

申し訳ないのですが、読む前まで末井さんについては殆ど知りませんでした。

タマフルの紹介、そして末井さんの母親がダイナマイトで心中されていること
などについて書かれていると聞いて興味を持ち手に取ったのですが…

買う前に想定していた【自殺についての本】、いわゆる暗いというか、ネガティブ方向に向き、自殺を否定していくものとは全く異なっていました。

自分が自殺志願者だった人、身内が自殺してしまった人などが自己の体験を
悲壮感を持ってではなく、ある意味他人事、過去の自分として語っていきます。

それが妙に可笑しい。

末井さんが言っているように自分自身で死ぬということは
そんなに簡単にできることではないし、相当な覚悟がいる。
自殺を美化するわけではありませんが、自殺するということは困難であり、
エネルギーの必要なことなのだと知りました。

単に自殺をなくそう、自殺撲滅というように対策を持っていくのではなく、
そうやって考えてしまう人がいることは必然なのだから、
この本に出てきている人たちのように自殺に向けられたエネルギーを
表現する方向へと向ける事ができるように出来ればいいのでしょうけど..

うだうだ書いてしまいましたが、
この本はただ何も考えずとも面白いです。
自殺に関して何らか考えてる人は一度読んでみるといいかもしれません。

こちらが末井 昭さんの『自殺』。



自殺
自殺
posted with amazlet at 14.02.01
末井 昭
朝日出版社
売り上げランキング: 2,735