読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DDってダメなのかな.. 8/30ヤマダ電機家電フェア スマイレージ



せっかくJuice=Juiceが北海道に来てるってのによー
どうしてスマイレージBerryz工房に当ててくるのかなー

ハロプロはDDが嫌いってことなのか...
くそぅ!!


ということで、先月8/30,31。
ヤマダ電機の家電フェア・蚤の市にスマイレージBerryz工房Rev. from DVLが来る
ということで札幌ドームに行ってきました。

同じ週にはベビレツアー、ハロコンが平日に行われると言う
非情とも思われる日程に絶望を感じておりましたが、
なんとヤマダ電機イベントにスマイレージBerryz工房が出演ということで、
これは行かねばとなったわけです。

それでは8/31から。
スマイレージから始まりました。
セトリは①ええか!?②夢見る15歳③エイティーンエモーション
④私、ちょいとカワイイ裏番長⑤嗚呼 すすきの
でした。

新曲のプロモだろうし、どうせ新曲2曲が中心だろな〜と思ってたのですが、
なんとまぁ、豪華なセトリ!

いきなりの「ええか!?」をぶち込み、



引き続いて夢見る15歳って..
スタンディングであれば、全員絶賛振りコピ中だったと思いますよ!!



この最初の2曲でもこんなにやってくれるの!?
と驚いている最中、
昨今の曲ではあまり聴く機会のできない「エイティーンエモーション」が!



「エイティーンエモーション」は両A面の「ミステリーナイト!」が衣装面などで
話題性があったせいもあったか、自分としては地味目な印象でありました。

しかしながら、改めてこの「エイティーンエモーション」いいじゃん。
ミステリーナイト!」がセクシーに、「嗚呼 すすきの」が哀愁を持って歌われている
ように彼女たちよりは大人な世界観を持った曲。
そして「地球は今日も愛を育む」のような、恰好いい、かつつんく♂感溢れる
壮大すぎる世界観の曲。

ある意味で彼女たち等身大の曲というのは最近無いように感じます。
その中で「エイティーンエモーション」は実年齢に近い世界観となっているため、
リアルにメンバーが楽しんでいる感じを見ることができるように思うのですが。
最近は大人なというか恰好いい路線が多いスマイレージ(ハロ全般か?)ですが、
初期スマイレージにも通ずるような等身大路線も作っていって欲しいなと思います。

そして「私、ちょいとカワイイ裏番長」
本当にめいめいは表情豊かに歌って踊るな〜と思うんです。
この前のTIFでのDorothy Little Happyのみもりんこと富永美杜ちゃんの表情づかいにも
驚かされましたが(「STARTING OVER」は特に圧巻でしたな..)、
ハロにはめいめいがいるんだな〜と。
めいめいは曲によって本当に表情を変えてくるんですよね。
「ちょいカワ番長」の煽りの時の得意げな表情はいい意味で憎いし、
「私の心」なんかの時の憂い感はこちらまで悲しくなってくる。
こういうめいめいの表情づかいが曲の世界観をちゃんと昇華している証拠なのかなと。

そうして最後に「嗚呼 すすきの」で終わりを迎えます。



新曲が「嗚呼 すすきの」と聴いて、ここでまさかのご当地ソング!?
スマイレージって北海道出身いたっけ?と驚いたり、
曲名から歌謡曲みたいんなのかな〜と思ったりしましたが..
珍タイトルに良曲ありですね。
デジ歌謡感というのか..

そして「嗚呼 すすきの」で言いたいことはただ一つ。
あやちょの衣装最高!!
神々しすぎて、
ギリシャ神話感まで漂わせてましたよ...










イベント終了後にはサイン抽選会も。
私は残念ながら1番違いで惜しくも外れてしまいましたが、
もらっている若い子たちがなまら嬉しそうなのを見て、
スマイレージもそのように憧れられる存在なのだな〜としみじみしました。

その後は握手会。
並びは最初にかななん、最後にめいめいという布陣。
かななんはおいでませ〜と出迎えてくれる感じは最高ですし、
最後にめいめいにがっちりと掴まれてしまいました。
もちろんあやちょはギリシャの女神のようでしたよ..

といったヤマダ電機家電フェアでのスマイレージのステージでした。

そしてベリのステージへ向かうのですが、それは次回に。