読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ねぎぺしあはよー... TIF2014⑤


ねぎぺしあはよー
なんで北海道来ないのかよー
ハトヤもシャボテン公園もいいとこだろけどよー
北海道にもいいとこたくさんあるんだからよー



ということで続きです。

OS☆U:DOLL FACTORY
Especia:DF


Rev.from DVL東京女子流に引き続きHOT STAGEに滞在。
続いてのベイビーレイズのセトリは
①JUMP②ミチシルベ③ベイビーレボリューション④ぶっちゃけRock'nはっちゃけRock
TIGER SOUL
だったそうな。

自分としてはDOLL FACTORYでのステージの予定があったため、ギリギリまで観たい..
というキモチでいましたが、実際は「ベイビーレボリューション」を横目に
聴けたか..という位だったため、そこまで印象に残っていないのです..
この後のSMILE GARDENのライブも途中までしか聴けなかったし、
自分のベビレ運をほとほと無いみたいです..(ツアーも月末の平日なので無理..)

しかしながら「JUMP」はアガりますな..
冒頭で愛夏ちゃんとりこぴんの歌声で魅せ、一気にアゲていくという展開は
虎ガー(所謂ベビレヲタ)でなくても、盛り上がること必死。
(振りも手を左右に振ることとジャンプ位だし..)



後HOT STAGEのベビレについては「TIGER SOUL」観たかったな〜と言う程度。
はっきし言って後のステージに間に合うかということで頭がいっぱいだったのです。
何も考えずに観ることができれば、なんて良かったか...

と急いでDOLL FACTORYへ。
今回のTIFの大きな目的の一つはEspeciaのステージを生で観ると言うこと。
DOLL FACTORYでのEspeciaのセトリは、リーダーの冨永さんによると
Intro
Bayblues
ステレオ・ハイウェイ
嘘つきなアネラ
以上!Especiaでした!
だそうな。

聞いてはいましたが、
Introからカッコいいのな!
そして「Bay blues」から「ステレオ・ハイウェイ」、「嘘つきなアネラ」
というシックな選曲を3曲続け、
『以上!Especiaでした!』で終了という斬新かつ呆気にとられる結果に。
初めてのEspeciaのステージだし、TIFというフェス対応にメジャー曲(「ナイトライダー
とか..)やるのか?とか、盛り上がる曲をやるのだろうという勝手な思い込みを
自分はしていましたが、
Especiaはそんな安易な考えは軽く越えて行きました。
凄ぇや、Especia。
Especiaには2日目にも大いにびっくりさせていただきましたので、
そのときに改めて。



ちなみにGREETING AREA(物販)で握手とチェキ会にも参加しました。
GREETING AREAについては言いたいことは山程どころでは無い位
言いたいことはありますが..
ここでは止めます。
なんてったってEspeciaメンバーの対応が良かったからね!!
Tシャツ一枚で2人と2ショット+全員と握手ですよ!
(某KBグループと比べるとなんて良心的..)



今回は脇田もなりちゃんと冨永悠香ちゃんと撮ることできました。
皆さんあんな暑い中、どうしてそんな笑顔でいられるの..と感服しました。
(リリスクTとベビレタオルというEspeciaグッズ皆無だったのにもかかわらず..)


そんでもって、
続いてNegicco
セトリは①ライフ・イズ・キャンディ・トラベル②さよならmusic③圧倒的なスタイル
④サンシャイン日本海
だそうな。

とりあえず聴いて下さい。



いきなし「ライフ・イズ・キャンディ・トラベル」から「さよならmusic」、
そして「圧倒的なスタイル」という何と言う多幸感溢れるメドレー。
「圧倒的なスタイル」ではおなじみのラインダンスも。



どんな強面な人も、消極的な人も参加してダンスするってのは結構すごいことなんじゃないのって思いますね〜

しまいには新曲である「サンシャイン日本海」まで!!



MVの映像自体に多幸感がいっぱいです。8mmで撮られた日差しの柔らかさが非情にいい。
ちなみにプロデュースはORIGINAL LOVEの田島さん。
ORIGINAL LOVEと言えば「接吻」ですよね。

最近聴くだけで泣けてしまうこの曲を生で聴けるなんて...
会場で本当に泣いてしまうところでした。


シックにまとめたEspeciaと多幸感溢れるNegicco
この2組が続けてパフォーマンスしたこの空間はTIF2日間の中でも
特別な空気が漂う空間になっていたのではないでしょうか。
このMCというMCの殆どないあくまで音楽を聴こうというこの空間にいることが
できて本当に幸福であったと思うのです。
うん。